スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィギュアスケート

キム・ヨナさんが金メダルを取られたそうですね。

普段はフィギュアスケートは見ません。

採点基準がよく分からないからだろうか。

でも今回はなぜか目を引かれた。

ショートプログラムをニュースで見させていただきましたがキム・ヨナさんはなにかオーラが違ったような気がする。

それに対して浅田真央さんもすごかった。なにか感じるものはあった。

日本を応援している心が少しはあるからかそのときはあまり感じなかったがキム・ヨナさんのほうがそれを強く感じた。

すさまじい戦いになるような気がした。

結果、フリープログラムでは浅田真央さんは五輪初のトリプルアクセルの成功などを成し遂げた。

そして、キム・ヨナさんは点数の上でそのさらに上を行き、最終的に世界最高得点228.56をだして優賞した。
(それまではこれもキム・ヨナ自身が持つ210.03だった)

スケートの技術の上でどのような試合だったかはわたしには分からない。

でもわたしはとてもすごい試合だったと思った。

2009年のウィンブルドン決勝で受けた印象に似ている。

なにかとてもいいものを見た気がする。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。