スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十二支

続きものの最後。前回のも見ていただけたらいいな。

今回は十二支について。

この十二支、漢字でかけないという人はいても知らない人はいないと思います。

子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥の順番のことです。

この十二支も私たちの身近に潜んでいます。

その話の前に十二支の由来といわれている昔話を紹介する。ちょっと手加えますけど

昔々、ずぅーっと昔のこと。
 ある年の暮れに動物の神様が、動物どもに「元旦に新年の挨拶ば来い。したらば、一等から十二等まで選んで、その一年の間動物のかしらにし、人間世界を一年ずつ守らせてやるど」と、いうお触れを出したそうな。
 それを聞いた山や森や野の動物ども、「よっしゃー、われこそ来年のかしらになってやるどぉ」と、元旦を今か今かと待っておった。ところが猫は、どうしたものだか、神様のところへ行く日をポイッと忘れてしもうた。で、仲のいいネズミのところへ聞きに行った。
「ねずみどん、ねずみどん、ちょっと尋ねるが、神様のところへ行く日はいつだったかな?教えてくれんか」
 ほしたらネズミ、ケロッとした顔で言ったそうな、「そりゃあ、二日の朝に決まっておるがな」「ほうか、ほうか、二日だな。すまん、すまん」猫は、うれしがって帰っていった。
 こうしているうちに、大晦日になった。牛は、すっかり薄暗いところでモソモソ、モソモソやっておった。「おら、人一倍のろまやで、今夜たつことにするべ」と、旅支度をはじめたそうな。それを屋根裏からのぞいていたネズミは、ぴょんと牛の背中に飛び乗った。そうとは知らん牛は、夜道を霜をふみふみ御殿へ向かっていったそうな。やがて御殿の門へついた。
<ほー、誰も来ておらん。今年のかしらは、このわしに決まったようなもんじゃわ。>
 と、つぶやき、よだれを垂らしながら開門を今や遅しと待っておった。やがて、東の空がポッと白むと、ケケロッケー、ケケロッケー、夜が明けたーと、里の方で一番どりが時を告げ、門はおもむろに開いたそうな。
 牛は、にんまり笑うて門をくぐろうとしたとき、背中にいたネズミがぴょんと降り、チョロチョロっと門の中に入り、「明けましておめでとうございます。ネズミが新年のご挨拶にあがりました!」と、一番乗りを名乗ったそうな。で、牛は二番になり鼻の穴をべろでなめておった。
 とらは、千里の道をヒューっと飛んできたが三番になった。続いてうさぎ、たつ、へび、うま、ひつじ、さる、とり、いぬ、いのししが入ってきたところで、門はガチャーンと閉められたそうな。これが、十二支のはじまりというわけだ。
 ねこは、二日の朝早く門をダンダンたたいたが、神様に、「誰だと思ったらねこでねえか。おめえさん日を間違えただな。もう十二番までのかしらはとうに決まってしもうた。寝ぼけていねえで、つらでも洗って出直して来なされ」と言われ、すごすごと帰って行ったそうな。
 それから、ねこは毎日顔を洗うようになったが、嘘をこいたネズミをいまもって、恨み、ネズミを見つけると捕まえるようになったんだとさ。
 


という話です。最後に書いてある通りこのことによって猫がねずみを追いかけるようになったり、

猫が顔を洗うようになったらしいです。

こういうモノの始まり系話はよくあります。というわけで次回のテーマはこれということで。

今、十二支の由来になった昔話をしたので次は十二支が由来になった昔話をします。

その話とは何かというと、あの有名な桃太郎です。

どこが関係するのかという話の前に桃太郎がどういう話だったか復習します。





むかーしむかーし、あるところに、おじいさんとおばあさんがすんでいました。

おじいさんは山に芝刈りに、おばあさんは川に洗濯に行っていました。

ある日のこと、おばあさんが川で選択をしていると

ドンブラコ、ドンブラコ

と大きな桃が流れてきました。

おばあさんは桃を拾い上げ家に持ち帰りました。

切ろうとすると中からかわいい男の子が飛び出してきました。

おじいさんとおばあさんは大喜びして桃太郎と名づけました。

桃太郎は優しくて力持ちの立派な若者になりました。

そんな桃太郎が人々を困らせる鬼が島の鬼たちを退治しに行くことになりました。

おばあさんの作ってくれた黍団子を入れた袋を腰につけさあ、出発。

行く道で桃太郎は犬、猿、雉をそれぞれ黍団子1個と引き換えに家来にしました。

そして、鬼が島に乗り込み鬼を退治し、たくさんの宝物を持ち帰りみんなで分けました。

めでたし、めでたし。




という話です。

さて、この話のどこに十二支が関係してくるのか書いていきましょう。


まず、勘のいい人ならもう気づかれたと思いますがこの話に出てきた動物を挙げてみると

犬、猿、雉   

十二支のどこかで見ましたね。そうです。申、酉、戌です。

これで終わりならたいした話ではありません。

犬、猿、雉、人間、まだ出てきていないのがいますね。

鬼です。

でも十二支には鬼なんていなかった。

では、みなさん鬼ってどんなイメージを持っていますか

おそらく、トラ柄のパンツに牛の角というイメージでしょう。

某教育テレビでも言ってますね。



フリーザ様ばいきんマンくんも言ってます。




というわけで出てきましたね、こんどは丑と寅です。

では、今出てきた丑、寅、戌、申、酉は十二支の表でどの辺りにいるのでしょう。
  
                           子

                                
                   亥                丑★

                                            


          戌★                               寅★

      

    酉★                                           卯



         申★                                辰





                未                  巳


                         午 
                                                           

                                             
 
ロークオリティーで申し訳ない。

でもこれで、正反対にいることは分かったでしょう。

でも、正反対にいるだけでは、ちょっとすごいだけです。ここからまだ少し展開します。

この十二支、方角に当てはめられることはご存知の方も多いだしょう。

24directions.png

鬼の十二支、丑、寅がどの方角にあたるのか見てましょう。

北東ですね。この方角何かといいますと鬼門の方角なんですね。

鬼門とは鬼が出入りするとされ嫌われる方角である。

陰陽的に言うと北東というのは、陰とされている北と、ようとされている東の中間地点なので

不安定になるから嫌われるらしいです。

ちなみに西は陰、南は陽とされてます。

この鬼門は身近とは言いがたいですが、京都だったと思いますが都を守るために

この鬼門の方角に寺を並べたりしています。

方角でも嫌われてますね。鬼も出てきましたし。

この丑、寅にはほとんどの人が知っていると思われるある考えに関係します

では、十二支は時間も指し示すんですがちょっと寅は無視して丑は何時か見てみます。

丑が1~3時なんです。

この時間帯なんと呼ばれているか…草木も眠る丑三つ時です。

こんな風に私たちの考えの中にも陰陽は紛れ込んでいます。

私たちに身近な話をもう一つあげます。

先ほどの鬼門の方角が嫌われている理由に陰と陽の境目だから不安定だと書きました。

ということは陰の真ん中、陽の真ん中は平和なはずです。

陰の真ん中は北西だから戌、亥の方角です。

陽の真ん中は南東だから辰、巳の方角です

お気づきになりましたか。いぬ、い と たつ、み です。

犬井さんや辰巳さんの名前はそういうところから来ています。

このように丑三つ時のような言葉や犬井さんのような名前、日本の昔話にまで陰陽の考え方は

入り込んでいます。

なぜこれほど身近にたくさん存在するのでしょうか…

それには、陰陽寮、陰陽師が関係してきます。

陰陽師の陰陽道とは中国から伝わった陰陽五行を日本独自に発展させたものです。

陰陽寮とは、その陰陽道を利用し天皇行の事を行う日取りなどを決めたりした機関です。

安倍晴明が有名ですね。

さくっといきます。この陰陽寮どの時代だったか京都から追い出されたんです。

一応陰陽寮自体は明治時代まであったらしいですが…

そのときに民間に陰陽師を名乗る人がいっぱい出てきたんです。

それで陰陽の考え方が普及したらしいです。

偽者もいっぱいいたらしいですが。

ちなみに、節分の豆まきなどは陰陽が由来だったはず。

というわけでわれわれの周りには陰陽の考え方が普及したらしい(どこかで聞いた)

というわけで陰陽の連載終わります。

何でこんな話になったんだっけ…



スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。